紫外線で目が充血!メガネ等の効果は?茶色に変わるの?

春から夏にかけて紫外線が強くなってきます。

その紫外線で目が充血したり、痛くなってしまうといった事があります。

特に紫外線を多く浴びる屋外で仕事している方や、

学生等の屋外でスポーツをしている人の場合、目が充血するという人が多くいます。

では、目が充血した時にどういう対処法をすればいいんでしょうか?

スポンサードリンク

紫外線で目が充血!そのままで大丈夫?

 f1db173af6081a442d3c242a3f616135_s

紫外線が目の角膜や網膜に影響を及ぼし眼病を引き起こしたり、

目の老化を早めます。

 更に、急性の紫外線角膜炎や翼状片、白内障になると言われています。

紫外線角膜炎

強い紫外線を浴びれば、黒目の表面から炎症をおこし、

充血・涙がでる・異物感・目痛などの症状が出る紫外線角膜炎になります。

春や夏の紫外線が多い時期以外でも、冬のスキー場の雪からの反射でも起こります。

翼状片

紫外線により角膜に炎症が起こり、白目が黒目まで侵入してしまう

病気です。

白内障

ほとんどの紫外線は角膜に吸収されますが、

中には網膜まで達し、タンパク質が変化し目の水晶体が濁って

白内障になります。

この様に、目は紫外線の影響で様々な症状を引き起こしますので

目が充血したと思ったら眼科で診てもらうか、

とりあえずは紫外線に当たらないような対策をして下さい。

紫外線から目を守る対策は?メガネやサングラスの効果は?

 bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s

スポンサードリンク

 具体的にどのような対策をしたらいいのか。

一番は紫外線の強い日中は外出しないことなんですが、

一般的な生活をしてるとそれは出来ませんよね。

 ではどうすればいいのかと言いますと、

外出する祭は、UV効果のあるメガネやサングラスと帽子を着用して下さい。

出来ればUVカットのコンタクトレンズや日傘なども同時に使用するのも効果的です。

最近ではUV効果のあるだてメガネも沢山出ていますので、

サングラスに抵抗のある方はメガネを試してみてはどうでしょうか?

その他に効果的なのが、食事から目に良い栄養素を取り入れることです。

緑黄色野菜、レモン、トマト、スイカ、鮭などは

目を守るとされる成分が豊富に含まれてますので、しっかり摂り入れて見て下さい。

また、紫外線による炎症や充血に効く目薬なども発売されていますので

紫外線に弱い方などは試してみてください。

紫外線で目が茶色に変わるの?

紫外線で眼の色が黒から茶色に変化するか、

という疑問があったので調べてみたんですが

紫外線で茶色になるというのは考えにくいです。

ただ、成長過程や老化によって変わる事もあるかもしれませんが、

基本は変わらないだろうと思います。

 目の色を決めるのは遺伝子やメラニン色素の量によります。

遺伝子は生まれ持ったものですし、メラニン色素は紫外線から目を守るために

作られているので紫外線を浴びれば目を守るために、

更にメラニン色素を生成しようとします。

よって茶色にはならないという結論になるわけです。

ただし、何らかの影響でメラニン色素を生成する機能が

崩れた場合は茶色になりうるかもしれませんね。

まとめ

ここ近年、紫外線の量が増え、紫外線対策が重要になってきました。

紫外線は目からでも肌が焼けると言われているので

目の紫外線対策もこれからは必要になってきます。

そして、今回の記事のように目が充血したり、病気の原因になる可能性もありますので

日中の外出時は注意して下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。