赤ちゃんの為に夏の部屋のエアコンは?湿度は?夜寝るときのはどうする?

夏場の暑くなる部屋は赤ちゃんにとってどうなんだろう?

エアコンで快適な部屋の温度を保ったほうがいいのか?

それとも赤ちゃんの発育のためにエアコンは付けないほうがいいのか?

など、少し気になりませんか?

赤ちゃんにとって夏場の部屋での過ごし方や、暑さ対策をどうしていけばいいのか

まとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの為に夏の部屋のエアコンはどうする?

 60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

夏の暑い日に赤ちゃんが過ごす部屋で、エアコンを付けるか付けないか迷われている

お母さんが多いように思います。

それは、エアコンはあまり身体に良くないとされていて、

赤ちゃんが3歳までが汗腺の発達する重要な時期だと

言われているからではないでしょうか。

汗腺の発達が出来ていないと体温調節ができなくなるために、

あまりエアコンを付けない方がいいという意見や、

また、逆にエアコンを付けないと赤ちゃんにあせもが出来たり、

暑がって寝てくれないなどといったこともあり、

エアコンをつけたほうがいいという意見もあるからですね。

地域や家の風通しが良い悪いがあると思いますが、

真夏の30度を超える日の部屋で過ごすのは

大人でもかなりきついと思います。

特に赤ちゃんの身体は未発達なため、まだ体温調節がうまく出来ません。

エアコンが良い悪いで判断するより

赤ちゃんが過ごす部屋の温度を調節してあげる事が大事だと思います。

以前、退院指導の時に室温は27度を保って下さいと言われたことも有りました。

赤ちゃんにとって夏場の部屋の快適温度は26度~28度と言われています。

エアコンをかけるかけないで悩まれるより、

スポンサードリンク

室温調節をこまめにチェックしてあげてみてはどうでしょうか?

赤ちゃんの夏の部屋の湿度は?

室温の他に気にしていかなければならないことがあります。

それは、夏場は湿度が高くなると熱中症になってしまいますので、

部屋の湿度は40~60%が、快適に赤ちゃんが過ごせる湿度のようです。

赤ちゃんの身体がエアコンで冷えてしまう場合、

室温を少し高くても湿度を調整してあげることで

冷えすぎを防ぐことが出来ます。

ドライ機能や湿度調節の出来るエアコンなら工夫してみてください。

赤ちゃんの為には夏場の暑い部屋で我慢するより

エアコンを使って室温や湿度などの調節をこまめにチェックしてあげ、

赤ちゃんが快適に過ごせる取り組みをされてみてはいかがですか?

赤ちゃんが起きないための夏の夜のエアコンは?対策は?

 夏の夜は大人でも寝苦しく、熟睡できないですよね?

赤ちゃんも同じで暑くて夜中何度も起きて泣いちゃいます。

何度も夜起きてしまいますと、赤ちゃんにもお母さんにも負担がかかってしまいます。

そんな時の対策としては、自動運転でエアコン温度を28度位に設定し、

風が当たらないようにエアコンと扇風機を併用するなどをすると

朝まで快適に寝れると思います。

節電のため2~3時間のにタイマーにされている方も多いと思いますが、

エアコンが止まった時、赤ちゃんが起きるようであれば

朝まで付けてあげたほうがいいでしょう。

あまりエアコンを付けたくないのであれば、タオルで巻いたアイスノンを枕がわりにしたり、

冷却マットなどで暑さ対策をしてみてはいかがですか?

まとめ

赤ちゃんはまだ体温調整が出来ますん。

真夏の30度を超える暑い部屋で過ごすのは少々可哀想に思います。

エアコンも赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性がありますが、

赤ちゃんが寝付けなかったり、あせもやぐったりされる事のほうが

赤ちゃんにとって良くないと思います。

なので、エアコンは使い方を工夫することでクリアできますので、

出来るだけ赤ちゃんの為にも部屋の温度を調整してあげて

快適に過ごせるようにしてあげて下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。