飛行機への持ち込みはコンタクトや洗浄液っていいの?国際線の場合は!

09613e147d0b0a320385d014d55c88ec_m

飛行機を利用する際に、機内に持ち込みしたい物ってありますよね。身に着けているもので、特に必需品となる物の中でコンタクトレンズや洗浄液や保存液、目薬なんかが挙げられるかと思います。

そして特に最近、国際線では機内への液体物の持ち込み制限が厳しくなっています。

そこで、コンタクトレンズを使用されている方を対象に、飛行機にコンタクト関連を持ち込みする場合についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

飛行機の機内持ち込みでコンタクトや洗浄液はいいの?

 コンタクトをされている人にとっては、何かの拍子に取り外したり、目薬をさしたりする事がよくあるかと思います。

この時、飛行機の機内にコンタクトレンズケースや保存液・洗浄液、目薬などを手元に持ち込みしていなかったらかなり不便な思いをします。

そこで、心配されている人にお伝えしたいのが、飛行機への持ち込みは可能という事です。

これは、コンタクトに限らず保存液・洗浄液、目薬なども同様です。

ただし、国際線の場合には保存液・洗浄液の持ち込みに関して注意する点があります。これは保存液・洗浄液以外にも液体物についての機内持ち込み制限がある為です。

また後程ご説明させて頂きますが、先に国内線の場合を取り上げていきたいと思います。

国内線

コンタクトレンズまたは洗浄液などの液体物の持ち込み制限はありません。

加えて量的制限もありませんので安心して持ち込んでください。

ただ、ペットボトルやコンタクト保存洗浄液の容器が大きかったり量が多いときは、あらかじめバッグから取り出して検査場で検査員に見せましょう。

また容器が開封してあれば中の液体が可燃性液体や毒物に入れ替えられていないか調べます。簡単な検査なので何もなければスムーズに検査場を通過出来ます。

スポンサードリンク

なので、危険物でないお茶や水、ジュースなどの飲料水とかコンタクト保存液、化粧品、医薬品などであれば問題なく持ち込めます。

以上、国内線は問題なく持ち込めるということでした。

では国際線の場合はどうなんでしょうか?

飛行機にコンタクト関連の持ち込みで国際線は制限ある?

前章で国際線において、液体物制限があるとお伝えしました。

国際線

機内持ち込みの液体物制限というのは「100ml」以下の液体までは持ち込めるという制限です。この時、1L以下の密封できるプラスチック袋にいれなければいけません。※(全部で100ml以下ではなく、個々(一つの物)に対して100ml以下という意味です。)

もし量が多く、容器事態も100ml以上の物だと100ml以下の容器に移し替える必要があります。

コンタクトレンズ関連で言うなれば、コンタクトレンズの洗浄液などは医薬品に該当します。

基本的に医薬品は機内で使用する分に限り、液体物としての対象外になりますので持ち込みすることが出来ます。

注意することは100ml以下になるようにしてください。

国土交通省によるQ&Aでは以下のような回答をしています。

1

http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/13_motikomiseigen/faq.pdf

尚、目薬なども医薬品なので制限の対象外ですし、少量なのでポケットに入れていても問題ないでしょう。

飛行機の機内へ手荷物として持ち込む場合は、100ml以下の使用する分だけにする事を心がければ問題なく検査場を通過できます。

まとめ

コンタクトレンズや洗浄液といった液体を、機内に持ち込めるのかという心配はなくなりましたか?

国内線では制限はなく、開封していなければ問題なくスルー出来ます。

国際線では個々が100ml以下になるようにし、プラスチック袋に入れる。

コンタクトレンズ関連洗浄液などの医薬品は100ml以下であればプラスチック袋に入れなくても良い。ということでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。