二日酔い予防に「飲む前」と「飲んだあと」その他の対策は?

飲み会でついついお酒を飲みすぎて翌朝二日酔いで「頭がズキズキ」「吐き気がする」といった症状になり後悔した経験ありますよね。

そうならない為に、飲む前に二日酔い予防をしておくことで翌朝スッキリと目覚めることができます。

そこで、二日酔いに効果的な「飲む前」と「飲んだあと」の予防方法をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

二日酔い予防に飲む前にしておく事はこれ!

 27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_m

二日酔いの予防や防止は飲む前にしておくことが一番効果があり大事なことです。

飲んだあとの予防でも二日酔いを和らげたり解消することが出来ますが、飲む前に予防することで飲酒中も悪酔いしないで気分よくお酒を楽しく飲むことができます。

二日酔い予防に一番良いのは飲みすぎない事です。

これは当たり前のことですがお酒を多く摂取してしまうと

「血中アルコール濃度が高くなる」「アルコール分解がしきれない」といったことが起こってきます。

また、二日酔いはアルコールの量もそうですが、体内への吸収を速めてしまうと二日酔いになる率が高くなります。

先ほど「アルコール分解がしきれない」と言いましたが、急激にアルコールを吸収してしまうとアルコールを分解する肝臓の働きが追いつきません。

これは肝臓が一定時間に決められた量しか分解出来ない為です。

という事で、飲みすぎない事が一番ですが、次に予防対策してほしい事は「アルコール吸収を遅くする」という事です。

このアルコール吸収を遅くするために大事なことは、空腹状態でお酒を飲まない事が二日酔いの予防と対策に一番の効果があります。

空腹状態でお酒を飲むと

  • アルコール吸収を早めてしまう
  • 血中アルコール濃度が高くなる
  • 低血糖症を早める

空腹の状態でお酒を飲むと吸収するものがアルコールしかないので吸収を速めてしまいます。その為、血中アルコール濃度が高くな過ぎてしまいます。また、低血糖症は二日酔いの原因の一つです。空腹時の身体は血糖値が低い状態なので低血糖症を遅らせる為に空腹状態でお酒を飲まないようにしましょう。

二日酔い予防に飲んだあとにする事は?

飲み会などで「今日は飲みすぎたな~。」と思ったときは、就寝前に出来るだけ早く対処しておくことで二日酔いにならずに済む場合があります。

これは寝ている間にどれだけアルコールを分解できるかにかかっています。

その為に肝臓の働きを助け、アルコールを分解できる食べ物や飲み物を摂取する事が重要です。

水をたくさん飲む


寝る前に水を最低500mlを飲みましょう。

血中アルコール濃度を低くし、脱水症状を防いでくれます。

脱水状態になると頭痛、吐き気、疲れ、身体のだるさなど様々な二日酔いのの原因になります。

トマトジュースを飲む


トマトの含まれるブドウ糖、果糖などの糖類とアラニン、グルタミンなどのアミノ酸がアルコール分解を促進します。

また、血中アルコール濃度を低下させる効果があるのでお酒を飲む前や飲んだあとにも二日酔い予防になります。

グレープフルーツ


グレープフルーツには、「フルクトース」という果糖がアルコールを分解する作用があります。また、ビタミンCやクエン酸も多く含んでいます。

果汁100%のグレープフルーツジュースでもOK!

スポンサードリンク

グレープフルーツの果糖で低血糖症にも効果があります。


柿には多くの果糖が含まれていますので、肝臓の代謝を高めてくれます。

また柿に含まれるタンニンが アルコールを分解して体外に出す働きがあります。

梅干し


 梅干しに含まれるピクリン酸は肝臓を活性化させる作用があり、またクエン酸が胃の状態を整えてくれます。

しじみの味噌汁


しじみのアミノ酸にはアルコールを分解させる酵素を活性し、肝臓の働きを助けてくれます。

ヘパリーゼを飲む


お酒を飲む前や飲んだあとに飲むとアセトアルデヒドを分解してくれ二日酔いを緩和してくれます。また、二日酔いになってしまった時にも効果があります。

肝臓の働きを助ける内服液ヘパリーゼ【第2類医薬品】

ハイチオールCプラスを飲む


ハイチオールCプラスに含まれる「L-システイン」が、二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを分解してくれます。飲んだ後や寝る前、または二日酔いの朝などに服用すればかなり楽になります。夜のお仕事の方にも人気があるそうですよ。

ハイチオールCプラス

二日酔い予防 その他の対策方法は?

 食べ物や飲み物以外で二日酔い予防に何かいい方法がないだろうか?と思われるかもしれないですよね。

まず、予防としてはお酒をたくさん飲むだろうな~とわかっていればその日までにしっかりと体調管理をしておくことです。

 こんな時はお酒を飲まないという例です。

体調が良くない


体調が悪いという事は臓器が低下している証です。こんな時にお酒を飲んでしまうとアルコールを分解するのが遅くなり残りやすくなります。

ただし、少量なら問題はないので飲みすぎないように心がけましょう。

寝不足


寝不足の時も疲れが溜まっていしまいがちで体力も低下しています。

このような時もアルコール分解がうまく機能しませんので、悪酔いする危険性があります。しっかりと睡眠をとってから飲むようにしましょう。

前日にも飲酒した


毎日、適度にお酒を飲むことは悪くはありません。ただ、飲み会などが毎日続いてしまうと、肝臓に負担がかかり弱ってしまって二日酔いになりやすい状態になってしまいます。続く場合はお酒の量を控えましょう。

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

飲み会前や、お酒をのみすぎたなぁ~。と感じたときは参考にしてみてください。

せっかくの飲み会を楽しく過ごしたいですよね。飲み会前日はしっかりと睡眠をとって体調を万全にしてのぞみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。