関門海峡花火大会下関の穴場スポット情報!2015年の日程は?交通規制は?

 夏の花火大会といえば関門海峡花火大会。 

こちらは山口県の下関市と福岡県の北九州市と、両市が主催されている花火大会です。

2つの市が共同で開催してる花火大会ってなかなか無いですよね。

しかも、歴史ある関門海峡を挟んでの花火は見応え感は十分あります。

今回はそんな、関門海峡花火大会の下関側メインの穴場スポットや

2015年の日程、交通規制などをお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

関門海峡花火大会下関の穴場スポット!

関門海峡花火大会

毎年、関門海峡花火大会の人出は115万人訪れると言われています。

この数字を見て分かる通り混雑が予想できますね。

そこで、関門海峡花火大会の下関側の穴場スポットを

お伝えします。

火の山公園

夜景スポットとしても有名でもあり、花火の穴場としても

人気のスポットなので場所取りは早めがオススメです。

巌流島

あの宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘場所で知られている巌流島は、

関門海峡花火大会の迫力を味わいたい方には持って来いのスポットです。

ただ、巌流島に行くには船で渡らなければ行けないので、

帰りは混みあう可能性がありますので注意です。

海響館

打ち上げ会場に向いて全面ガラス張りで見晴らしが良く、

館内なので暑さも凌げて快適に花火を観ることが出来ます。

花火当日の営業時間 23時(最終入館22時30分)

カモンワーフ周辺

有料席もある唐戸あるかぽーと地区や唐戸市場もあり

観覧エリアが沢山あります。

下関駅から徒歩10~20分内でアクセスも便利。

海峡ゆめタワー

入場料はいりますが、下関。門司側共観ることが出来る

スポットです。

こちらも建物内なので暑さも凌げて優雅に観覧できます。

花火当日の営業時間 23時(最終入館22時30分)


その他のおすすめスポット!

  • 海峡メッセ下関周辺の海岸
  • グランドホテルやカモンワーフのビアガーデン

スポンサードリンク

関門海峡花火大会下関の2015年の日程は?

関門海峡花火大会2015年の日程

開催日:8月13日(木)

時間 :19:50~20:40

場所 :下関市あるかぽーと地区、22号岸壁周辺 

   :北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅近辺)

打上数:1万3000千発

アクセス:メイン会場にはJR下関駅からバス5分 海響館前下車1分

     または、JR下関駅から徒歩約15分

関門海峡花火大会の下関周辺の交通規制は?

毎年115万人が訪れる西日本の超人気の花火大会でもあるので

辺りの混雑がすごいです。

もちろん交通規制もかかります。

平成26年度の交通規制ですが以下になります。

下関のあれこれ - Google Chrome 2015-05-31 15.11.09

  • 16:00 唐戸周辺交通規制開始
  • 22:30 唐戸周辺交通規制解除
  • 19:00 下関駅周辺交通規制開始
  • 23:00 下関駅周辺交通規制解除

毎年、会場周辺は混みあい帰りの際も車の身動きが取れないほど

大渋滞になりますので、電車やバスを利用することをオススメします。

花火大会当日の会場付近の駐車場はありませんので

お車で行かれる場合は、あらかじめ駐車場を調べて下さいね。

まとめ

共同主催ということもあるせいか、互い同士競い合っているかのような

迫力がある関門海峡花火大会です。

もし、ゆったり観てみたいという方は、有料席も設けられていますので

こちらの公式ホームページを御覧ください。

下関21世紀協会

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。