土浦全国花火競技大会2015の日程!車や電車の混雑は?臨時駐車場はある?

関東の行ってみたい花火大会ランキング1位になった

「土浦全国花火競技大会」は大正14年から続く伝統ある花火大会です。

全国の煙火業者約60社が技を競い合う花火大会という事もあって

例年、約70万人の人出でにぎわっています。

そんな土浦全国花火競技大会の日程と、

車や電車で行かれる場合の混雑状況や回避方法などを

お伝えしていきます。

スポンサードリンク

土浦全国花火競技大会2015の日程と時間!

キャプチャ11

♦土浦全国花火競技大会2015の開催情報と概要

開催日:  2015年10月3日(土)

時間:   18:00~20:30

打ち上げ数: 約20000発

荒天の場合:  小雨決行

荒天時は2015年10/4(日)、10(土)~12(祝)のいずれか1日に延期

会場:     茨城県土浦市佐野子 桜川畔 学園大橋付近

アクセス:  JR土浦駅西口 徒歩30分 ( ※JR土浦駅から有料シャトルバス運行)

       常盤堂桜土浦IC または土浦北ICから車で20分

有料席 :  桟敷席:最大6名2万1000円(マス席)、最大3名1万500円(半マス席)。

       当日券なし ※詳細は公式サイトを確認

公式サイト:  http://www.tsuchiura-hanabi.jp/

お問い合わせ:  029-826-1111 土浦全国花火競技大会実行委員会


土浦全国花火競技大会は花火師たちの競技として

日本全国から煙火業者が集まって競います。

その競技の内容は3部構成になっており、

  • スターマイン
  • 10号玉の部
  • 創造花火の部

と別れています。

3部に分かれていますが、どれも甲乙つけがたい内容で

見物客は魅了させられるでしょう。

スターマインはいくつもの花火を連射して打ち上げます。

迫力でいえば圧倒的にスターマインが優位ですが、

10号玉の大きく夜空に広がる景色に思わず「おぉぉぉ~」と声が出てしまいます。

また、創造花火の部では型物や新しい技術を披露されますので、

来年はどこかで新しい花火が観れるかもしれませんよ。

    

土浦全国花火競技大会の車や電車の混雑状況は?

例年約70万人の観覧客が来るほどの規模の大きな花火大会です。

交通手段も車か電車のいずれかになりますのでかなりの混雑となります。

●電車を利用する場合

JR常盤線土浦駅が最寄り駅になります。

上野駅から普通電車で約70分、特急電車で約45分となります。

大会当日の電車内や土浦駅周辺はかなり混雑しますので、

お子さん連れの場合は危険ですので混雑を避ける為に、

少し早目に出かけるようにしましょう。

帰りの際、大会終了後は一斉に人が動き出しますので、

駅周辺は混雑します。

当日に帰れなくなったという報告もあり、 

帰りのラッシュに巻き込まれないように少し早目に帰ることをお勧めします。

JR土浦駅から花火大会会場への行き方は、徒歩かシャトルバスを

スポンサードリンク

利用するかになります。

  • JR土浦駅から花火大会会場まで徒歩で約30分
  • JR土浦駅から花火大会会場までシャトルバスで約10分

どちらにするにしてもJR土浦駅は混雑しますので

時間に余裕をもって行動しましょう。

●シャトルバスを利用する場合

JR土浦駅東口→会場 (大人240円、小人120円)

行き 15:00~19:00

帰り 19:00~21:15

18:30以降は乗車券の販売が終了します。

●車を利用する場合

  • 東京方面から常磐自動車道 桜土浦IC降車 国道6号経由 約5km
  • 水戸方面から常磐自動車道 土浦北IC降車 国道6号

交通規制もチェックしておきましょう。

キャプチャ9

大会当日は午前中から混雑しだします。

午後2~3時以降には大渋滞となりますので、

この時間帯を避けるよう行動しましょう。

毎年、土浦市内や国道6号バイパスは大渋滞します。

夜中1時頃まで大渋滞していた事もありますので

渋滞を避けるのであれば土浦市内には入らず、

土浦駅の一つ手前(上野寄り)の荒川沖駅付近の駐車場に止め、

電車を利用することをお勧めします。

キャプチャ10

土浦全国花火競技大会の臨時駐車場はある?

土浦全国花火競技大会へ車で行かれる方は、

無料と有料の約5,000台分の臨時駐車場がありますが、

15:00頃には満車になりますので、

余裕をもって午前中までには着いておくようにしましょう

もし、停められなければ周辺に個人や会社の敷地を利用した駐車場もありますが、

ただし、2,000円~3,000円くらいの駐車料金がかかります。

大会会場付近の駐車場を利用する場合は、出来れば「早く行き、早く帰る」

という行動をしましょう。

そうしないと駐車場から出るのに1~3時間はかかる恐れがあり、

更にバイパスの大渋滞に巻き込まれますので早めに帰宅しましょう。

まとめ

土浦全国花火競技大会は70万人以上の来場者が来る大規模な花火大会です。

もちろん大混雑し、危険もあるかと思いますので

時間には余裕をもって行動してくださいね。

車で行かれる場合のおすすめは、JR土浦駅一つ手前の荒川沖駅付近に駐車し、

JR土浦駅でシャトルバスを利用しましょう。

もちろん「早く行き、早く帰る」が前提ですが・・・。

では、日本三大花火大会の一つ「土浦全国花火競技大会」

楽しんできてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。