熱田祭り2015の日程や花火の時間は?屋台状況は?穴場スポットは?

名古屋市で行われる花火大会といえば

熱田祭り!!

25万人が訪れる知る人ぞ知るお祭りですね。

この花火大会は、熱田神宮のお祭りの1つとして開催されています。

そこで、花火大会の日程や時間、穴場スポットと

お祭りには欠かせない、屋台情報をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

熱田祭りの日程や花火の時間は?

 0

熱田祭は毎年6月5日(金)に開催されています。

そして、6月4日(木)は前夜祭があります。

前夜祭は午後2時~午後9時までで、

本祭は午前8時~午後9時までとなっています。

花火大会が行われるのは

6月5日の午後7時40分~午後8時30分までとなっています。

打ち上げ場所は、熱田神宮公園から打ち上げられ

打上数は約1.000発上がります。

雨の場合は、翌日の6日に順延しますが

更に雨なら中止になります。

熱田祭りの花火大会と屋台状況は?

 images (15)

熱田祭りの屋台状況は、前夜祭から出ていて

熱田神宮の周辺や参道にずら~っと並んでいます。

前夜祭は午後2時から始まっていますので

屋台も営業しています。

閉店時間は午後21時までですので

仕事終わりでも十分間に合うかと思います。

屋台の数は200~300店が出ていますので

浴衣を着た方達でとても賑わうお祭りと言われています。

6月に行われますので浴衣でも暑くなく良いですね。

スポンサードリンク

熱田祭りの花火大会の穴場スポットは?

花火を観覧するには熱田神宮からだと見づらいです。

木や屋台、人混みで花火を観覧するには不利です。

ゆっくり花火を観たいのであれば、少し離れた場所がオススメです。

白鳥公園川沿い

神宮公園に近く、人も多いですが

比較的ゆっくり座って観ることが出来ます。

名古屋国際会議場の芝生

こちらも神宮公園に近く、

見晴らしの良い場所なので花火が綺麗に見えます。

イオンモール熱田

屋上の駐車場から観ることが出来ます。

花火観覧のみに駐車場を使用する場合は

駐車料金がかかりますが、イオンで2000円以上買い物されると

駐車料金が5時間無料になります。

また、深夜の1時前まで開けておいてくれますので穴場です。

まとめ

熱田祭の花火大会は、名古屋市で一番早い 花火でもありますし、

屋台もたくさん出ていることから人気のお祭りです。

かなり賑わうお祭りですので交通規制なども敷かれています。

お車で行かれる場合は、渋滞に巻き込まれますので

少し離れた駐車場に止めたほうがいいと思います。

また、梅雨時期ということも有りますので

天気を気にして予定を立てて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。