小麦粉のダニの繁殖を防ぐ開封前の注意点!開封後の保存方法とは?見分け方は?

梅雨時期に気を付けたいのが小麦粉などの粉物の食材!

梅雨時期はダニが繁殖しやすい環境になり、

特に小麦粉などの粉ものの食材に大量に発生します。

それに気づかず食べてしまいアレルギー症状が出たという方が

沢山いるようです。

特にダニアレルギーのある方は、アナフィラキシーショックを起こし

病院に搬送されたというケースもありますので

注意しなくてはなりません。

そこでダニの繁殖を防ぐ為に、小麦粉や粉ものの食材の

開封前に注意する事や開封後の保存方法と、

すでに開封している小麦粉などにダニがついていないか

見分け方のポイントなどをお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

小麦粉のダニの繁殖を防ぐ開封前の注意点!

 e7a69430c859da4e97f6193b8c59badf_m

ダニアレルギーの方でけじゃなくアレルギーの無い方でも

多量のダニを体内に摂り入れてしまうと

症状がでる可能性があります。

アレルギー症状

じんましん・かゆみ・下痢・腹痛・嘔吐・腹痛・ぜんそく・

鼻詰まり・目が充血・意識低下などが

食後すぐや5時間後位後に症状が出たりします。

小麦粉の中でも、お好み焼き粉やホットケーキなどに使う

ミックス粉が最もダニの繁殖が多く、9割がこの粉が原因だそうです。

また粉もの以外でも、かつお節や干しエビ、しいたけなどの乾物も

旨味成分があるためダニが発生しやすく危険です。

開封前に知っておかなくてはならないのが、

ダニは0.3mmほどの小さな生き物ということ!

何が言いたいのかといいますと、

密封するジップロックやビンなどの容器でも

簡単に侵入してくるという事です。

密封容器に移したからといって安心はできません。

そこで、小麦粉などの開封後をどのように保存するのか

説明していきます。

小麦粉のダニの発生を防ぐ保存方法とは?

images (29)

上記でもご説明したとおり、ダニの侵入を防ぐことは困難です。

ただ、ダニは温度が20℃以下・湿度が50%以下になると弱ります。

更に湿度が40%以下になると死にますので

湿度を50%以下に保つ場所に保存しておけば

繁殖を防ぐことが出来ます。

♦おすすめの保存方法

●密封容器に移し冷蔵庫に保存する

冷蔵庫の中は温度が低いためダニは繁殖しません。

データにも冷蔵庫で保存した製品からダニが検出されなかったと

報告されているようです。

●密封容器を2重にする

冷蔵庫以外で保存する場合、密封容器を2重にすることで

ダニの侵入を防ぎます。

外側の密封容器に乾燥剤をいれることでダニを弱らせ

退治する事ができます。

●小分けにする

出来るだけ密封率の良いタッパやビンなどを使い、

少量だけ出すようにしましょう。

それ以外の残った小麦粉などは冷蔵庫などに

保存しておきましょう。

●早めに使い切る

冷蔵庫に保存していても、

出来るだけ早く使いきりましょう。

スポンサードリンク

小麦粉のダニの見分け方は?

 ダニが繁殖すると小麦粉などの白い製品は

薄い肌色に変わっていたりします。

黒っぽい製品は白濁している感じに見えます。

また、小麦粉などにダニが繁殖している場合は

粉が蠢くみたいなので、粉が動いていないか

目で確認してみて下さいね。

まとめ

小麦粉などの粉製品に関わらず、出来るだけ早く使い切るか

密封容器に移し替えて、冷蔵庫に保存しておいて下さい。

もし使いかけの小麦粉や、お好み焼き粉が残っていて

冷蔵庫に保存していなければ処分された方がいいかもしれません。

アレルギー以前にダニを食べてると考えただけで

少し気持ち悪いですしね。^^;

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。