長寿の祝いの年齢とはいつ?数え年か満年齢どっち?色の区別は?

みなさん長寿のお祝いをされていますか?

殆どの方は還暦にはされますが、それ以上になってくると少ないようですね。

元気で長生きしてくれているおじいちゃんやおばあちゃんに

「ありがとう。これからも元気でいてね。」という願いを込めて

長寿の祝いをしたいものです。

その前に、そもそも長寿のお祝いする年齢はいつなのでしょうか?

そこで、お祝いはどの年齢にするのかや呼び方など

また、お祝いするときの年齢が数え年でするのか、

満年齢なのかもはっきりしないと思いますので、

こちらも一緒にまとめましたのでご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

長寿の祝いの年齢とはいつ?

ダウンロード

長寿の祝いの同義語に、算賀(さんが)、賀寿(がじゅ)、賀の祝い、という言葉で表したりもします。

長寿の祝いは、長寿を祝福し、長寿にあやかる儀礼として始まりました。

代表的なのが赤いちゃんちゃんこの還暦のお祝いですよね。

昔は人生50年と言われていた頃に、還暦まで生きることは稀でめでたいという事で

敬老の日や誕生日に家族で盛大に祝うようになりました。

それでは還暦も含めて長寿を祝う年齢をご紹介します。

長寿名 読み方 数え年 満年齢
 還暦    かんれき    61   60 
 古稀   こき   70  69
 喜寿   きじゅ   77  76
 傘寿   さんじゅ   80  79
 米寿   べいじゅ   88  87
 卒寿   そつじゅ   90  89
 白寿   はくじゅ   99  98
 百寿   ももじゅ   100  99

 このように年齢別に呼び方も違い、また百寿以上もあります。

長寿の祝いは必ずしなければいけないのでしょうか?

長寿のお祝いは家族よりご本人の意思が強いようです。

平均寿命が長くなった今、特に古稀や喜寿といった70代の年齢の方は

お年寄りという感じがなく、元気でお若いですよね。

ご本人的にも、老人扱いはしてほしくないという方も多くいらっしゃり、

そういう理由で省略されている方も増えています。

また、長寿祝いをすると、それ以上長生きしなくなると言った事で

長寿のお祝いをしない人もいるようです。

長寿の祝いは数え年か満年齢どっち?

この長寿のお祝いで一番悩むのが数え年なのか満年齢なのかだと思います。

昔は日本の節目の行事の殆どが数え年で行われていましたが、

現在では満年齢でお祝いする方が増えてきました。

これは、昭和25年以降は年齢を満年齢で表記するという法制度が出来たため、

以前の数え歳と現在の満年齢制度が混在してしまい

曖昧になってしまった事で迷われるのだと思います。

今現在では、どちらでもいいというのが結論ですが、

一度どちらでするのかご家族と話し合って決められるといいかと思います。

最近では古稀のお祝いが70歳の満年齢になったようです。

これからは節目の行事には満年齢が定着していくかもしれませんね。

その証拠に、天皇皇后両陛下が満70歳で古稀のお祝いをされていました。

スポンサードリンク

古くからの習わしを大事にされている皇室でも満年齢でお祝いをされたこともあり、

これからは満年齢に変わってくるのではないでしょうか。

数え年とは?

数え年とは、産まれた年が1歳になります。

12月生まれでも1歳で、新年を迎えれば2歳になるという風に、

新年を迎えるたびに1歳増えます。

現在の満年齢は産まれてから次の誕生日がきて1歳になりますが、

数え年は産まれた時点で1歳と数えます。

長寿の祝いには色の区別がある?

長寿のお祝いの色の代表的なのが還暦に着る赤いちゃんちゃんこ。

なぜ還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを着るのでしょうか?

また、「どうして赤なの?」と疑問に思いませんか?

長寿にはそれぞれの年齢によって意味や色が区別されています。

例えば、還暦は暦の干支が60年で元の干支に戻ることから

「暦が還る」という意味で還暦と呼ばれています。

そして元に戻るという事から、赤ちゃんに還り、魔除けの赤い色の

「赤頭巾」「赤いちゃんちゃんこ」「赤い座布団」を身に付けて、

これからも元気にいてほしいという願いを込めてお祝いしました。

●古稀・喜寿の色

●傘寿・米寿・卒寿の色

黄色、または金茶

●白寿・百寿の色

まとめ

いかがでしたか?

大切なおじいちゃんやおばあちゃんが元気で長生きしてくれているお祝いとして、

長寿のお祝いを親族としてはしてあげたいですよね。

ご本人の意思もありますが、数え年と満年齢のどっちでお祝いするのかも

ご親族皆さんで話し合われて盛大にお祝いしてあげましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。