中学生の修学旅行のバッグはコレ!大きさが大事!キャリーバッグは?

275782

中学生が修学旅行の際の持ち物の一つである、バッグについてご紹介していきます。

中学生になるとオシャレに気を遣いだしてバッグ一つにしてもファッションの一部と考えるようになり、実用性よりもおしゃれを優先する傾向にありますよね。

その傾向としてボストンバッグかキャリーバッグどちらかに分かれるかと思います。ただどちらを選ぶにしてもどれ位の大きさが良いのか分からない事はありませんか?

そこで、中学生が修学旅行に使うぴったりのバッグのご紹介と、大きさやタイプの選び方などをお伝えしますのでご参考にしてみてください。

スポンサードリンク

中学生が修学旅行のバッグで悩まない為に!

中学生の修学旅行バッグを選ぶ際に考えたいことは、高校生になった時に修学旅行に使えるかどうかが重要です。

さらに言うなら大人になっても使えるかどうかではないでしょうか。

あまり子供っぽいキャラクターのデザインよりシンプルなデザインの方が長く使えます。(キャラクター物を選ぶ中学生は少ないでしょうが・・・・(^-^;)

基本的にどのタイプが多いのかと言えば

  • ボストンバッグ(スポーツバッグ)
  • キャリーバッグ

このどちらかになります。

そしてバッグの選ぶポイントとしては

  • 大きさ
  • デザイン
  • タイプ

この3点を考えて選ぶようにします。

ボストンバッグかキャリーバッグのどちらかのタイプを中学生が選ぶとするなら「友達がどのタイプを持って行くのか」で判断するのが良いでしょう。

中学生になってくると周りの目も気になる年頃なので、一人だけ違うというより周りに合わせてバッグのタイプを選択すれば一人だけ浮くなんて事も回避できます。

別に周りが気にならなくて実用性や好みで選びたいというのであれば、以下の両タイプのバッグのメリットとデメリットを参考にしてみてください。

♦ボストンバッグ

学生の間ではやはりボストンバッグがダントツに多いでしょう。

特に男の子や部活生がボストンバッグを利用することが多いです。

・メリット

バッグ事態が軽く、デザインも豊富で安価な物が多い。

・デメリット

荷物が多くなると移動する時の持ち運びが辛い。

セキュリティー面が良くない。

♦キャリーバッグ

・メリット

持ち運びの際に転がせるので楽。

ハードタイプだと施錠できるのでセキュリティー面で安心。

見た目は良い。

壊れにくい

・デメリット

バッグ事態が重いので転がせない場所での持ち運びが辛い。

サイズは色々あるが形が変形しない分、荷物の量によってはボストンバッグに比べると容量的に少なくなる。

ボストンバッグに比べると値段が少し高め。

以上のようにメリット・デメリットを考慮して選んで見てください。

ではボストンバッグかキャリーバッグどちらか決まったら、どれ位の大きさが良いのか見ていきましょう。

中学生の修学旅行に丁度いいバッグの大きさは?

小学校の修学旅行より中学校の修学旅行は、宿泊数も増え荷物も多くなります。

 学校にもよりますが中学生の修学旅行は、ほぼ2泊3日でしょうか。

ボストンバッグなら2~3泊用を購入すればおおむね大丈夫です。

ただし、お土産の量も考えると少し大きめでもいいでしょう。

またキャリーバッグになると、どれ位の容量が良いのか分かりづらいかと思います。

荷物が少ないようならSSサイズでも構いませんが、持ち運びやすさや、将来的な実用性を考えるとSサイズを選ぶ方が無難でしょう。

またSサイズまでなら飛行機の機内へ持ち込む事ができるのもおすすめです。

目安としては

  • 1泊~3泊だと25L~35L位の容量の大きさ
  • 4泊~5泊だと35L~55L位の容量の大きさ

のバッグを選ぶと丁度いいでしょう。

スポンサードリンク

中学生の修学旅行に良いキャリーバッグ

将来、旅行に行く機会が多くなる事を考えると役立つのがキャリーバッグです。

最近では小旅行であっても、あまりボストンバッグを持ってる方を見かけなくなりました。

やはり移動が楽なのと見た目の良さ、また仕事で使う場面もあるという事からキャリーバッグを選ばれている理由でしょう。

少々の事だと壊れませんし、中学生から持っていても一生使う事ができるので一つは持っておいても損はありません。

キャリーバッグでもソフトタイプとハードタイプの2種類がありますので、いくつか紹介していきます。

●容量アップできる キャリーバッグ。

傷がつきにくく、3.5kgの超軽量タイプ

ダブルファスナー(マチファスナー)になっているので容量アップできる。

カラーバリエーションも豊富で12色から選べる。

更に超軽量な3.3kgで、カラーも15色でダブルファスナー(マチファスナー)付き。

●大人感のあるキャリーバッグ。

光沢感があり少し大人感のあるデザインで、2.8kgの超軽量で頑丈な作りになっています。

●キャリートランクケース

おしゃれを優先するならキャリートランクケースが断然おすすめ。

デザインが可愛く部屋に置いてるだけでもおしゃれ感が出ます。

ただし、強度は他のキャリーに比べて劣り、3.9kgと少し重さがあり少し値段も高めになります。

●トランクケースの安価タイプ。

 キャリートランクケース風のキャリーケース。

一見見た感じがキャリートランクケースに見えて、しかも安価で軽量です。

●ソフトタイプのキャリーバッグ。

ファスナーポケットが3つも付いていて小物などの出し入れが便利。

重さも3kgで軽量です。

●リュックにもなるキャリーバッグ。

重さも2kgの軽量で落ち運びが楽で、大容量の42L使用です。

まとめ 

 中学生と言えどおしゃれをしたいもの。

ご紹介したバッグ以外にも可愛いバッグが沢山あります。

まずはイオンなどのバッグ売り場で、実際に実物の大きさを見て手に持って選んでくださいね。

スキー場の受付に預けていた全員の貴重品が無くなったという事件もありましたので、修学旅行での貴重品の管理はしっかりしておきましょうね。

楽しい修学旅行でありますように。(^^♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。